zozo

ブログ

【俺的】ZOZO TOWNの活用方法!この方法であればサイズ間違いは絶対に起きない!

現在、何かと世間を賑わしているZOZOTOWN。

色々なブランドの服をオンライン上で購入できるメリットがあるサービスですが、その反面サイズ間違いや交換に注意が必要なサービスでもございます。

そんな諸刃の剣のようなサービスですが、最近ある点に着目すれば一気に利便性が上がったので、その方法をシェアしたいと思います。

ハリー
ちなみに、私はZOZOも社長さんにも好感を持っていますw

この記事も批判的なものではないので、あしからず!

スポンサーリンク

ZOZOでやらかした失敗

私はZOZOユーザーではありますが、実は昔にある失敗をしてからしばらくZOZOTOWNの利用を控えていました。

その失敗とは、おそらく多くの方が経験あるであろうサイズ間違いです。

なお、サイズ間違いというとMとLを間違えるといった物を想像されるでしょうが、私の場合はそういった大枠のサイズの間違いではありません。

しっかりと狙ったサイズ表記の商品を注文したが、「実物の丈が思った以上に長かった」といったどちらかと言うとシルエットやデザインの勘違いによるものでした。

こういった微妙なシルエットは店舗であれば気づけるものですが、ZOZOTOWNの場合はモデルさんが少し斜めになったり猫背になっている写真でしか確認ができないので、しばしば希望しない服を購入してしまっていたのです。

送料実費

「なら返品すればいいじゃん!」って声が聞こえてきそうですが、私は結構ケチんぼな性格のため、返品にかかる送料を出してまで返品したくなかったのですw

ハリー
じゃあ服買うなと言われそうですが、

それとこれとは話が別です。

返品不可商品

更に私のこのサイズ違いの失敗は一度だけではなく複数回あります。

その内の数着は、我慢して着れる範疇を超えていた服もあり、そういったものに関しては送料を払ってでも返品しようと思いました。

しかし、ここでもケチんぼの性格が災いするのです。

と言うのも、ZOZOTOWNで服を探すときは先にセール商品を探してから、お目当のものがなければ通常価格の服に移動するようにしていました。

なので、購入する服は比較的セール商品のものが多かったのです。

そして返品を考えた時に初めて知ったのですが、なんとセール商品は返品の受付を行わないと言うルールだったのです。

ハリー
これがきっかけで暫く

ZOZOTOWNの利用をお休みしていました。

 

サイズ間違いが起きないzozo活用方法

そんな苦い記憶があった私ですが、ここ最近再びzozoの利用を再開しました。

と言うのも、ある活用方法を思いつき、サイズ間違いによる失敗を根絶することに成功したのです。

ここからはその方法(というか気付き)についてご紹介いたします。

時計系は超安全

まず、一つ目の活用方法は、服ではなくアクセサリー類の購入に利用すると言う方法です。

私の場合であればNIXONの時計の購入にZOZOさんを活用させていただきました。

ハリー
最近、値引き系で叩かれているそうなので、色々と隠しておきます^^

時計であれば、サイズ違いが起きる事はなく、型落ちの時計やセールのタイミングであれば安心してなおかつ安く購入ができるでしょう。

すでに購入している服を買う

2つ目の方法が個人的に一番盲点だった方法で、すでに購入して愛用したことがある服を買うと言う方法です。

一見「えっ?」となるこの方法ですが、お気に入りのTシャツの襟が伸びてしまったり、醤油やカレーをこぼしてしまい、シミになってしまった覚えはありませんか?

私はつい先日ありました。

そこで、新しいTシャツ探しに行かななぁ〜と考えていた時、ふとZOZOTOWNで同じ服が売っているのではないかと気付いたのです。

そこで、数年前に購入した服なので今でも売っているか心配でしたが、探してみたところ見事にヒット!

サイズ感も何ヶ月も着用している服だけあって、かなり熟知していたので即購入!

当然、サイズ間違いは起こるはずもなく、しかも数年前の服ですのでトップ画像のようにかなり安く購入することができたのです。

 

ZOZOTOWNはこの2つの方法で継続利用

以上2つが、最近私が発見した活用方法となります。

本当は商品ページに記載の採寸された数値をしっかりと確認すればサイズミスなどは起きないのでしょうが、私のように面倒くさがりはそこの確認を飛ばしてしまうのです。

代わりに、そういった寸法のサイズ確認なしで的確に購入ができる物を選択して購入するようにしています。

簡単な応用編で言えば、すでに持っている服の色違いやTシャツのプリント違いなんかも、サイズは一緒ですので買い物しやすいですね^^

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-ブログ
-

© 2020 やや上