格安スマホ

ワイモバイルでiPhone8を使う3つの方法! 2020年12月

現在、ワイモバイルではiPhone7までの発売はされているものの、その後継機であるiPhone8の発売はまだ行われておりません。

しかし、そんな状況ではございますが、実は現時点でワイモバイルでiPhone8を利用する方法は3つほど提案する事が出来るのです。

そこで、今回はワイモバイルでiPhone8を利用する方法などについてご紹介いたします。

ワイモバイルでiPhone8を使える方法

ワイモバイルでiPhone8

それでは早速、ワイモバイルでiPhone8を使う方法について、順番にご紹介していきましょう。

他社のiPhone8をワイモバイルで使う

一つ目の方法は、他社で利用していたiPhone8をワイモバイルのsim契約で利用するというもの。

この記事を作成している時点では、基本的に他社でiPhone8の販売を行なっているのは、3大キャリアと呼ばれるau、docomo、SoftBankの3社です。

そしてこの3社に共通して言える事は、販売しているスマホはiPhoneも含めて全てキャリアロックをかけているという事です。

このキャリアロックは、ロックされている状態では他社のsimカードを差し込んでも利用できないようにロックするという機能のことです。

しかし、実はこのロックはMNP(乗り換え)の際に解除する事が出来るため、キャリアロックの解除を行ったiPhone8であればワイモバイルのsim契約でも利用する事が出来るのです。

加えて、ワイモバイルのsimは本体価格が0円ですので、ワイモバイルの契約においてはプランの月額だけでiPhone8を利用する事が出来るのです。

AppleでsimフリーのiPhone8を用意する

2つ目の方法は、上記の方法と同様にワイモバイルのsim契約を利用するという点では同じです。

しかし、上記と異なるのは用意するiPhone8が他のキャリアのiPhoneではなく、Appleで販売されているsimフリー機種を購入するという点にあります。

このsimフリー機種とは、前述でご紹介したキャリアロックがかかっていない機種のことで、どのキャリア(携帯会社)のsimを差し込んでも、そのsimさえ対応していればそのまま利用する事が出来るというものなのです。

ちなみに、ワイモバイルのsimはiPhone8にも8 Plusにも対応しています。

なので、simフリーのiPhone8を購入する事ができれば、極端な話、各社の対応simさえあれば違約金なしでsimの差し替えだけで日別でキャリアを回す事が出来るのです。

ハリー
まぁ、可能だというだけで、この方法にメリットはないんですがね^^;

ワイモバイルでiPhone8が発売されるのを待つ

3つ目の方法は、すぐさま利用できる方法ではありません。

その方法とは、ワイモバイルでiPhone8が発売されるのを待つという、なんとも地味な方法なのです。

基本的にワイモバイルでの販売iPhoneの特徴としては、Appleで発売された最新iPhoneが2年経った頃に発売されています。

ハリー
あと、サイズの大きいPlusシリーズはワイモバイルでは売られないんです。

なので、これを踏まえるとワイモバイルでiPhone8が発売されるのは2019年末、すなわちあと数ヶ月後には発売される可能性があるのです!

あくまでも今までと同じ周期だった場合の話です。

 

iPhone7を買うべきかiPhone8にするべきか

どちらがオススメ?

「ワイモバイルでもiPhone8の発売が迫っている!」

となると、新しいiPhoneを購入したいと考えるでしょうが、iPhone8に関しては少し微妙なのです。

というのも、iPhone8は既にワイモバイルで発売されているiPhone7とさほど違いがない機種なのです。

iPhone8とiPhone7の違い

iPhone8とiPhone7ですが、この両者の差としては以下のようになっています。

項目 iPhone 7 iPhone 8
本体サイズ 高さ:138.3 mm
幅:67.1 mm
厚さ:7.1 mm
高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ 138g 148g
チップ A10 Fusion A11 Bionic
ストレージ 32GB
128GB
64GB
256GB
メモリ 2GB(実測値) 2GB(実測値)
ディスプレイ 4.7インチ Retina
1,334 × 750
4.7インチ Retina
1,334 × 750
メインカメラ 12MP 12MP
バッテリー 1,960mAh 1,821mAh
高速充電対応
ワイヤレス充電対応

このように、実はiPhone8とiPhone7とではスペックにさほど大きな差はないのです。

唯一大きな変更点としては、iPhone8にはワイヤレス充電に対応になったことと、ストレージの容量が大きいモデルが出たという点なのです。

ハリー
ちなみにチップがA11 Bionicと少し高性能になりましたが、実はそれほど大きくは進歩していないのでこの部分は微妙な差となります。

つまり、正直なところiPhone7を購入したとしても、特に大してデメリットがないというのが実情なのです。

コスパ面でもiPhone7に軍配

そして、どちらのiPhoneにするかを考える時に外せないのが、何と言っても機種の分割代金でしょう。

現時点でのiPhone7のワイモバイルでの月額はこちらですが、もしiPhone8が発売され場合は高確率でこの月額を上回ってくることでしょう。

>>iPhone7の現在の月額

なので、こういった月額差を考えると、やはりより高いお金を払って少しだけ性能が上がる選択をするよりも、より安く使えるiPhone7を購入した方がコスパ的には圧倒的に賢い選択と言えるでしょう。

 

ワイモバイルでiPhone8をお勧めする人

オススメ

とはいえ、全員が全員、ワイモバイルではiPhone7の利用をお勧めするという訳ではありません。

中には、iPhone8を使った方がいい人もかなり存在しています。

というのも、前述でご紹介した通り現時点でsimフリーiPhone8だったり、他社キャリアのiPhone8を持っている方からすれば、iPhone7をお勧めする理由になっている端末代金が高い問題に関して既に解決されている状態にあります。

なので、そういった方の場合は、そのままワイモバイルのsim契約を利用した方が、わざわざiPhone7を買い直すよりも安く利用する事ができるのです。

現状を考えてiPhone8を既に持っている人はワイモバイルのsim契約で、iPhone8を持っていない人はワイモバイルのiPhone7を購入すると、月額を最小限に抑える事が出来るでしょう。

>>オンライン特典付きのsimの月額

>>iPhone7の現在の月額

  • この記事を書いた人

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-格安スマホ
-, , ,

© 2020 やや上