AirPods Pro

ガジェット

AirPods Proで別途充電アダプターを買わなくても大丈夫なパターンについて。

AirPods Proでは今までのAirPodsの充電とは異なる仕様となっています。

そうです、AirPods ProはあのType-Cが導入された次世代のアクセサリーの部類に入っているので、従来の充電器では充電することが出来ないのです。

が、実はAirPods Proの購入に併せて新たに充電アダプターを購入しなくても充電できるパターンも存在しているのです。

スポンサーリンク

AirPods Proに同梱されている充電コード

AirPods Proの充電ケーブル

まず、今回発売されたAirPods Proに同梱されている充電関連のアイテムについて紹介しておきましょう。

通常、iPhoneなどの場合はiPhone本体と一緒に、充電コードとコンセントに接続するためのアダプターが付いています。

が、AirPods Proの場合は充電コードはあるものの、アダプターが同梱されていないのです。

しかも、同梱されている充電コードは冒頭でもご紹介の通りType-Cの端子となっていますので、今までのUSBタイプの充電アダプターでは不適合で充電することが出来ないのです。

 

AirPods Pro用の充電アダプター購入が不要なパターン

さて、ここで「Type-Cが来たー!」と騒いでいるものの、一つ朗報があります。

それはAirPods ProType-Cの端子になっているのはあくまでもアダプター側に接続する方の端子の事であって、実はAirPods Pro本体に接続する方の端子は、今までのAirPodsやiPhoneと同じ様にLightning端子なのです。

これが新しくType-C用のアダプターを買わずとも充電ができるパターンなのです。

iPhone所有者

まず一つ目のパターンとしてはiPhone所有者です。

ハリー
AirPods Pro購入者のほとんどはiPhone所有者ですので、9割が該当するでしょう^^

前述の通り、iPhoneの場合は箱の中に本体に加えて充電アダプターが梱包されており、iPhone側の差込口はAirPods Proと同じくLightning端子となっていますので、そのまま利用することが可能です。

ただし、このパターンの注意点としてはAirPods Proに同梱されているケーブルは利用することが出来ないので、充電の際にはiPhoneかAirPods Proのいずれか片方ずつしか充電できないという点にあります。

MacBook所有者

次のパターンとしては、USB-Cモデルに変更されてからのMacBook所有者の場合です。

この新しいタイプのMacBookの充電器は、当然のことながらアダプター側もMacBook側も端子はType-C端子となっています。

なので、そのアダプターにAirPods Pro同梱の充電ケーブルを使用することで、新しくアダプターを購入しなくてもAirPods Proの充電が可能となるのです。

ハリー
ちなみに、私がこのパターンですね^^

ワイヤレス充電機器の所有者

3つ目のパターンとしては、ワイヤレス充電機器を所有されている方です。

AirPods Proはケーブルでの充電だけではなく、新型iPhoneやApple Watchの様にワイヤレス充電にも対応しています。

なので、すでにその機器を持っている方の場合は、そもそも充電ケーブルすら不要な状態にあるのです。

これ位のサイズのものであれば、iPhone&Apple Watch&AirPods Proの3つを同時に充電することも可能でしょうから、一番利便性の高い方法と言えるでしょうね!

Kartice for Apple Watch 5 4 3 2 1 iphone 11 pro AirPods Pro AirPods 2 QIワイヤレス 3 in 1 充電器 10-7.5-5W 急速充電器 置くだけ充電 iphone 11 Pro Xs Xs Max/Xr/X/10、Samsung Galaxy S10e/S10/9/S9/8/S8など各種のQi対応デバイス、Apple Watch Series 5/4/3/2/1、AirPods対応 QIワイヤレス充電器
Kartic
ハリー
3つ同時充電が可能な商品を探す際はご注意ください。
ワイヤレス充電器
iPhone・Apple Watch・AirPods Proの3つを同時に充電できるワイヤレス充電器。選び方に注意が必要だね、コレ。

Apple製品が好きな方の中には、iPhoneだけではなくApple WatchやAirPods Pro、もしくは3つとも購入されている方もいるでしょう。 そういった方は、それぞれに充電器が必要になり ...

続きを見る

 

実質、新しく充電器を買わなくても大丈夫

AirPods Proのオススメのケースカバー

これでもAirPods Proなんです。。。

以上の内容から、AirPods Proの購入者は基本的にiPhoneを持っている方に限られていますので、最低限の充電環境としては既に整っていると言う事になります。

もちろん、前述の通りiPhoneとAirPods Proとで充電器の取り合いにはなるでしょうが、それでも大丈夫と言うのであればAirPods Pro用に新しく充電器の購入を行わなくても何とかサイクルを回す事で充電を行うことが可能となります。

ただ、やはりそうなると多少の不便は発生するでしょうから、可能であれば新たにType-C接続が可能なアダプターや、今回の私の様にワイヤレス充電器の購入をされる方が楽ではあります^^

あとは好みや考え方の問題となりますので、検討中の方はぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ハリー

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-ガジェット
-, ,

© 2020 やや上