Apple Watch6の保護フィルム

ガジェット

私が使っているApple Watch 6とSEにオススメな保護フィルムをご紹介

Apple Watchも次々と新型が発売されていますが、それに伴って価格もそこそこいい値段になってきています。

そんな高額商品でなおかつ物にぶつけやすい腕時計という事もあり、傷や破損を避ける為に保護フィルムを貼る方が多いです。

が、最近では良く分からないメーカーの商品も多数販売されており、どれが良いか悩まれるかと思います。

そこで今回は、私が実際に使っているApple Watch 6やApple Watch SEに使える保護フィルムをご紹介します。

スポンサーリンク

SpigenのProFlex EZ Fit

それでは早速、私が実際に使用しているApple Watchの保護フィルムをご紹介いたします。

それはSpigenというメーカーから販売されているProFlex EZ Fitという商品です。

ハリー
もちろん40mmと44mmの両方とも販売されています。

Spigenの安全性について

まずは、そもそもの話、このSpigenというメーカーが色々と大丈夫なのかという話をしていきたいと思います。

私自身はiPhone6からずっとiPhoneを使用しているのですが、実はその頃からずっとスマホケースにはこのSpigen製のものを使用していたのです。

ハリー
ちなみに、今もiPhone12をSpigenのケースで使っています^^

というのも、このメーカーのケースはとにかく頑丈で、iPhoneを落下させてしまった事は何度もありますが、一度も画面にヒビが入ったり壊れてしまったことがないのです。

おかげで、Apple Careに加入する必要もありませんので、結構な金額の節約になっています^^

そんな経験もあり、個人的にこのメーカーの商品に関しては、特に耐久性の面で非常に評価しているのです。

とにかく綺麗

そんなSpigenが販売しているApple Watch6 & SEに使える保護フィルム「ProFlex EZ Fit」ですが、これまた他の保護フィルムにないメリットを持った商品だったのです。

そのメリットの1つ目は、フィルムを貼り付けた後の違和感、いわゆる「私フィルムです!」的な見た目が全く感じられないのです。

おまけにフィルムを貼った後も、光の反射などで画面の鮮明さが損なわれる事もありませんので、画面表示も綺麗なままなのです。

フィルムが貼りやすい

2つ目のメリットとしては、Apple Watchの保護フィルムで一番苦労する「貼る」という部分が非常に簡単だという点です。

というのも、この商品の中にはフィルムを貼り付ける際に使用できる補助キットの様なものが同封されているのです。

Spigenの保護フィルム

なので、ケースにApple Watchを入れて、上からキットに付いている凹凸部分にフィルム側についている凹凸を合わせれば、自然と綺麗な位置に貼ることができるのです。

ハリー
ちなみに、手順は公式YouTubeでも確認できます!

なお、簡単とは言いましたが、手順や方法を無視してやると私の様に失敗してしまうので、先に動画などで確認する様にしておきましょう(汗)

気泡

ハリー
もし失敗しても、予備がもう一枚同封されていますのでご安心を。

 

ProFlex EZ Fitのデメリット

なお、この商品はメリットだらけの完璧な商品というわけではありません。

私自身、使用して1週間ほどしか経過しておりませんが、このデメリットに関しては速攻で気がつく位分かりやすいものでした。

指紋が目立つ

そのデメリットというのは、画面に付いた指紋が目立ってしまうというものです。

画面が点灯している時はそこまで目立ちませんが、画面がOFFの状態もしくは黒背景部分に関しては気になってしまうレベルで指紋が目立つのです。

指紋が目立つ

ハリー
写真だと少し分かりづらいかも知れませんが、光を反射させるとかなりはっきりと指紋を視認できます。

気泡が放置で抜けないタイプ

2つ目のデメリットは、フィルムの貼り付け作業の際に気泡が入ってしまうと、時間経過で消えてくれないタイプのフィルムであるという点です。

多くのApple Watchの保護フィルムでは、仮にフィルムの貼り付け作業時に気泡が入ってしまったとしても、時間経過とともに気泡が消えてくれるタイプの素材が用いられています。

しかし、このProFlex EZ Fitに関してはその機能がありませんので、貼り付け作業を完璧にこなす必要があるのです。

ハリー
と言っても、手順通りに行えば気泡なしで出来ます。

ちなみに、基本的に気泡が入ってしまった場合はやり直しで、予備のフィルムを使うことになるのですが、私の場合は爪でゆっくり剥がして埃が入らない様に指で微調整したら、普通に同じフィルムのまま貼り直しができましたw

 

指紋が嫌だという場合

もし、Apple Watchを指で操作する事が多く指紋が目立つフィルムが嫌だという場合は、NIMASOというメーカーのフィルムがオススメです。

created by Rinker
NIMASO
¥1,380 (2021/06/12 21:09:04時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは指紋が付きにくいタイプで、なおかつ貼りやすさなどの面でもオススメできる保護フィルムです。

ハリー
私の中でSpigenの次に考えてたフィルムですね。

内容量も5枚とコスパも非常に良い商品ではありますが、一つ注意点があります。

それはSpigenに比べてかなり剥がれやすいという点です。

夏場はそれほど気にならないかと思いますが、長袖を着る季節などは着替えの時にフィルムの端が引っかかったりして、すぐにめくれてしまうという欠点があるのです。

なので、就寝中もApple Watchをするというタイプの方には非推奨となりますが、1箱に5枚も入っているので消耗品として捉える事ができる方にのみオススメする保護フィルムです。

created by Rinker
NIMASO
¥1,380 (2021/06/12 21:09:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

Apple Watch SE

以上が実際に私のApple Watch SE 44mmで使っている保護フィルムのご紹介となります。

個人的には、耐久性や見た目、剥がれにくさなどの観点から、SpigenのProFlex EZ Fitがダントツでオススメとなります。

ただし、指紋が目立ってしまうというデメリットがあり、そのデメリットがどうしても容認できないという方は、多少剥がれやすさはありますがNIMASOというコスパ最強のフィルムをオススメします。

created by Rinker
NIMASO
¥1,380 (2021/06/12 21:09:04時点 Amazon調べ-詳細)

この保護フィルムはYouTuberさんも比較動画の中で称賛されているフィルムですので、その他有象無象のフィルムより全然良品だと言えるでしょう。

  • この記事を書いた人

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-ガジェット
-,

© 2021 やや上