ガジェット

Apple Pencilが高額すぎる!?代用できて使いやすいタッチペンを探して購入してみた

iPadなどで使えるApple Pencilは、性能としてはかなり高いしApple製品との親和性も高い事から価値がある事はわかります。

しかし、だとしてもペン1本に一万円以上のお金を出すのはどうしても抵抗がありますので、それなら少し性能が落ちても使いやすい安いタッチペンの方が良いと考えました。

という事で、早速Amazonで良さげな商品を購入して、実際に使ってみる事にしました!

USGMoBiタッチペンの特徴

今回、iPadに使える安い割に使いやすいタッチペンとして購入したのは、USGMoBiという中華製のタッチペンです。

中華製はエゲツないレベルの粗悪品と、普通に優良でリーズナブルな商品との差が両極端なので正直不安でしたが、このUSGMoBiのタッチペンに関しては大正解でした^^

Wi-Fi接続が不要

このUSGMoBiのタッチペンはWi-Fi接続が不要です。

確かにWi-Fi接続ができるタッチペンの方が感度がよくなりますが、頻繁に接続が切れたりするとかえって不便になってしまいますので、今回タッチペンを探す上でWi-Fi接続をしなくても使用ができるペンにしました。

ちなみに、USGMoBiのタッチペンの場合はペンの先にあるスイッチで電源をONにする事で、簡単にiPadで書ける状態になるので書くまでの時間は一瞬でかなり快適です。

パームリジェクション機能あり

2つ目の特徴としては、このUSGMoBiのタッチペンにパームリジェクション機能が付いている点にあります。

この機能名自体、私も今回初めて聞いた名称なのですが、何やらこの機能が付いているタッチペンでiPadなどで作業している間は、他の指や腕が画面に触れてしまってもそちらには反応しない様にする機能らしいのです。

正直、この価格帯のタッチペンにこんな高性能な機能が付いていること自体に驚きなのですが、ひとまず便利になっているという事ですので、ありがたく活用させてもらっています^^;

感度も良好

こちらが実際に購入したUSGMoBiのタッチペンと私のiPadのメモアプリで試し書きした動画となります。

かなり滑らかで細かい動きにもしっかり反応してくれる非常に優秀な性能と言えるでしょう!

まぁ、逆に言えば「留め」「はね」をしっかりとしないと汚い字であることがバレてしまうので、その点は気をつける必要がありますね(汗)

ちなみに、ペン先は使い続ける事ですり減ってしまいますが、ペン先の交換品も1つ同梱されていますので、かなり長期間使い続ける事ができます。

長時間利用が可能

このUSGMoBiのタッチペンは内蔵されている充電式バッテリーで起動しているのですが、このバッテリーがかなり優秀で、長時間の使用にも余裕で耐えられる仕様となっています。

というのも、実はこのペンは2021年の5月に購入したものなのですが、2021年の10月までの5ヶ月間一度も充電を行っていないのです!

もちろん、普段からタッチペンを使って仕事をしている訳ではないので、本職の人に比べればかなり使用頻度は少ないものの、それでも一度も充電せずに使用できているというのは、かなりバッテリー周りの性能が良いということなのでしょう。

裏話

5月に購入したペンのレビュー記事が10月になっているのは何故?と思われる方もいるかと思います。

が、これには理由がありまして、それがこのバッテリーが長持ちすぎた為なのです。

本当は、バッテリーが切れるまでの期間も記録してそれも一緒に紹介しようと思ったのですが、一向にバッテリーが切れず痺れを切らして今回このレビュー記事を書いてしまったのです。。。

ハリー
いや、マジで凄過ぎ(汗)

 

USGMoBiのタッチペンの注意点

さて、ここまではApple pencilの替わりとして十分に役割を果たしてくれるタッチペンであることを証明してきましたが、ここからはApple pencilにあってUSGMoBiのタッチペンにはない機能や注意点についてご紹介していきます。

筆圧は感知できない

Apple pencilの売りの一つに、筆圧によって線の太さを変えるという機能があります。

この機能があることで、文字だけではなくデザイン的な用途をされる方は鉛筆や筆と同じ表現を再現することができるのですが、USGMoBiのタッチペンでは筆圧を感知する機能はついていません

なので、そういった用途で使えるタッチペンを探されている方には、USGMoBiのタッチペンはオススメすることができません。

収納に気を遣う

次に、ペンの収納に関する注意点について。

Apple Pencil2ではiPadの側面にマグネットによってくっ付ける事ができますので、基本的に収納方法や収納場所を別で用意する必要はありません。

しかし、USGMoBiのタッチペンの場合は当然そのようなマグネットは搭載されていませんので、別で収納する場所を確保しておく必要があります

もちろん、簡素なペンケースがあればそれで解決しますが、そういったひと手間と持ち物が増える事が避けたいという方には、ややストレスに感じてしまう可能性があります。

充電は別でアダプターが必要

3つ目の注意点は充電問題についてです。

Apple PencilではiPadがあればそれに接続、くっ付ける事で充電ができますので非常に便利です。

対して、USGMoBiのタッチペンの場合はそういった機能はありませんので、同梱されている充電ケーブルを使って充電を行う必要があります。

なお、コンセント部分は同梱されていませんので、自分でUSB充電ができるアダプターを用意するかPCなどに接続して充電する必要があります。

傷の防止対策が必要

最後の注意点としては、iPad側に傷がつかないように保護フィルムなどを貼っておいた方が安全という話です。

これに関しては他のタッチペンでも言える事ですが、フィルムなしのiPadに何ヶ月もペン先を走らせ続けていると、流石に優しく扱っていても傷がついてしまう可能性があります。

なので、基本的にはiPad側に保護フィルムを付けれらることをオススメします。

 

USGMoBiタッチペンはかなりオススメ!

以上が、実際に私が購入して使用してみたUSGMoBiのタッチペンのご紹介となります。

私の用途的にはApple Pencilの代替品としては十分すぎる性能ですし、価格も1/5以下に抑える事ができていますので大満足です!

実は、過去に他のスタイラスペンも購入して試した事があるのですが、こちらと比べてもUSGMoBiのタッチペンはかなり細かい動きまで感知して表現する事ができます。

aibowのペン
iPadに使える充電不要のペンaibowを使った感想!

普段、自宅で何かメモする場合は、いつも紙媒体のメモ帳を使っていましたが、折角ペンの利用ができるiPadを持っているので、これを機にペーパーレスに挑戦してみようと思いました。 そこで、iPadに使えるペ ...

続きを見る

実際に使って比較してみないとこの違いはイメージしにくいかと思いますが、実体験から言わせてもらうとその使い心地の違いは雲泥の差と言えるでしょう。

もちろん、性能や使い心地が最優先事項である場合はApple Pencil 2が最善の選択となりますが、そこまでの性能はなくても大丈夫だという場合には、個人的にUSGMoBiのタッチペンが超オススメのタッチペンとなります。

それでは、このレビュー記事がタッチペンを探されている方の参考になればと思います。

  • この記事を書いた人

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-ガジェット
-, ,