aibowのペン

ガジェット ブログ

iPadに使える充電不要のペンaibowを使った感想! 2020年10月

普段、自宅で何かメモする場合は、いつも紙媒体のメモ帳を使っていましたが、折角ペンの利用ができるiPadを持っているので、これを機にペーパーレスに挑戦してみようと思いました。

そこで、iPadに使えるペンを探しているとaibowという安い割に評価の高いスタイラスペンを発見したので、購入&実際に利用してみることに。

そこで、今回はaibowのスタイラスペンのレビューについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

aibowのペンはどんな特徴?

aibowの内容

今回購入したのは、こちらのスタイラスのペンです。

ちなみに、このaibowのペンはリニューアルされており、ひと昔に販売されていたものとは異なります。

ということで、まずは今回購入した新しい方のaibowのペンについてご紹介しておきましょう。

iPhoneやアンドロイドにも利用可能

まずは基本的なところからご紹介しますが、このペンは当然ながらiPadだけに利用できるものではなく、iPhoneやアンドロイドのスマホにも使う事ができます。

それこそパズドラなどのゲームアプリでも利用が可能です。

ただし、先端は柔らかい素材ではなく、透明の電導ディスクとなっていますので、iPadにしろスマホにしろ念のために保護フィルムは必要になるでしょう。

ペンの先端

充電が不要

こういったスタイラスペンなどは、充電が必要なタイプのものが多いですが、aibowのペンに関しては充電は不要です。

もちろん電池等も準備する必要はありませんので、基本的には半永久的に利用が可能なペンとなっています。

ハリー
ApplePencilが確か充電が必要なタイプだったので、それと比べるとかなり気軽に使える仕様ですね♪

 

aibowをiPadで使ってみた感想

aibowのペン

それでは、実際に使用してみた感想に移りたいと思います。

ハリー
かなり主観の入った感想ですので、その点はご了承くださいね。

反応について

まずは一番重要なペンの反応について。

これに関しては、個人的にも心配していた部分なのですが、その心配は完全に杞憂でした。

実際にiPadの標準装備アプリのメモ帳で試し書きしてみましたが、普通に反応してくれましたので、上記画像のように紙にシャーペンで書いた時と同じレベルの字で書く事ができました。

字が汚いのは、本人の責任です。

書きやすさについて

続いては、aibowのペンでの書きやすさについて。

こちらも、先端に妙な平面の板が付いているので心配していた部分でしたが、むしろその先端部分が筆圧に応じて角度が変わってくれるため、かなり書きやすかったです。

もちろん、iPad上部にペンを走らせる際に、手の一部が画面に当たらないように気を付けなければいけないので、紙ベースに比べればいくらかは気を使います。

ただ、これに関しては他のペンでも同様の事が言えますので、特別「aibowのペンだけ」といった内容ではありませんでした。

細かい作業には向かない

とは言え、私が実際に必要とする用途としては、メモ書き程度の簡単なものですので、使いにくさなどは全くありませんでした。

しかし、これがイラスト系の細かい作業や筆圧の調整が必要な作業となると、さすがにaibowのペンでは役不足でした。

 

他のペンと比較て感じるメリット

メリット

では、他のスタイラスペンに比べて、このaibowのペンはどういった点において優れているのか。

自分なりに考えて出した結論もシェアしたいと思います。

とにかく安い!

まず一つ目のメリットは、やはり何と言ってもその安さでしょう。

普通に4,000円や5,000円台のスタイラスペンも存在していますが、このaibowのペンに関してはそれらの1/4〜1/5の金額で購入する事ができます。

ハリー
ちょくちょく値段が変わるので、念の為確認してくださいね(汗)

もちろん、安いからといって壊れやすかったり、作りがショボいといった印象はありませんので、コスパ面では最強でしょう。

充電不要はやはりデカい

2つ目のメリットは、充電が不要である事です。

充電の不必要は個人的にはかなり大きなポイントで、使いたい時に充電不足で使えないという事があると、そこから充電を開始して、早くとも数分間は使えない状況になります。

特に、私のようにガッツリではなく、ほんの走り書き程度のために数分間待機するという行為は超ストレスに感じてしまうので、充電不要である点は価格の次に大きなメリットといえるでしょう。

使用できる角度が広い

3つ目のメリットは、ペンの先端についているグニャグニャ動く電導板です。

このaibowのペンの先端のような作りになっていないペン、すなわち通常のボールペンのような形状でなおかつ同じ価格帯のものの場合、ペンを垂直に近い角度にしないとペン先が反応してくれない事がよくあります。

しかし、aibowのペンに関しては先端の構造上、どの角度からペンをタッチスクリーンに当てても、その角度に合わせてくれるので、結構な角度まで反応させる事ができるのです。

ちなみに、目測ですが30°以下ではさすがに反応しませんでした。

 

aibowのペンをオススメできる人

オススメのスタイラスペン

以上のことから、一般的な用途でスタイラスペンを探している方には、このaibowのペンは超オススメできる商品かと思われます。

もちろん、前述でも少し触れましたが、先端の板部分は柔らかい素材ではないので、スマホやiPadには保護フィルムをつかないと傷が付く可能性はあります。

ハリー
ここは注意したいですね。

ただし、イラスト系など仕事として、質の高いペンでのライティングを用途とする場合は当然ながら、このペンでは力不足感は否めません。

なので、iPadであればApple Pencilを、他のタブレットであれば純正の、もしくは互換性の高い多機能なスタイラスペンを購入するようにしましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ハリー

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-ガジェット, ブログ
-,

© 2020 やや上