AirPods Proの付け心地

ガジェット

AirPods Proの付け心地は?旧AirPodsが付けられない耳の形で落とさずにいられるか

今回発売されたAirPods Proの特徴に、今までのAirPodsになかったカナル式の採用というものがあります。

私はApple製品を多く使用していますが、今までのAirPodsは耳の形的に固定する事ができず、すぐにポロポロ落としていました。

今回は、そんな私の耳でもAirPods Proを付ける事ができるのかを検証していきたいと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥28,980 (2020/10/21 08:45:21時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

AirPods Proのカナル式のおさらい

AirPods Proのカナルサイズ

新しく発売されたAirPods Proは冒頭でもご紹介の通りカナル式という形状が採用されたイヤホンです。

しかも、イヤーチップ(装着する先端のゴム部分)は耳の大きさに併せて変更できる様に、予めS/M/Lサイズの3タイプが同梱されている状態です。

なので基本的にAirPods Proだけを購入すれば、耳の穴の大きさに関わらず最適なサイズのイヤーチップで装着できる様に配慮されています。

ハリー
しかも、他のカナル式とは異なりAirPods Pro専用のものですので、荷物にひっかけてイヤーチップだけ外れる様な事が起きにくい構造になっていました!

つまりは、一般的なカナル式のイヤーチップは使えないという事になります。

 

特殊な形の耳でもAirPods Proは固定できる?

AirPods Proは私の耳でも使う事ができる?

それでは、肝心の本題に移ろうと思います。

そうです。私の様に一般的な耳とは異なり、特殊な形状をしている耳でもAirPods Proを装着して固定させれるかどうかという点について検証していきたいと思います!

装着&固定は可能

先に結論から言いますと、AirPods Proは私の様な特殊な形状の耳でも固定する事ができました!!

ハリー
メチャ嬉し〜♪

すでにAirPods Proを購入してから3週間ほど経過していますが、出かける際にも「外部音取り込みモード」で装着してお出かけできていますし、階段の上り下りも自転車に乗っているときにも、AirPods Proが外れて落ちてしまう事はない状態です^^

イヤーチップの選択は重要

ただ、購入直後は一瞬ヒヤッとした瞬間がありました。

というのも、自分の耳の穴は大きい方だと思っていたので、初めからイヤーチップをLサイズに付け替えて耳につけたのですが、前のAirPodsよりはマシでしたがかなり落ちやすい状態だったのです。

「これはヤバイかも・・・」と不安に感じましたが、一応ものは試しという事でMサイズのイヤーチップに付け替えてみたところ、かなりの固定力がある状態にする事ができたのです。

ちなみに、Sサイズも試してみましたが、こちらはガバガバで全く使い物になりませんでしたので、イヤーチップの選択はAirPods Proを快適に利用する上でかなり重要な作業だという事が判明しました。

ハリー
これは良かったけど、100点満点とは言えない理由が他にあるんですよねぇ〜(汗)

 

AirPods Proは激しく動くと落ちる?

AirPods Pro購入前にチェック!

ここまではAirPods Proに関しては何の不満もありませんでした。

が、1点だけ残念なポイントがあったのです。

それはAirPods Proとは言えど、運動などの激しい動きをした場合には落ちてしまうという点にあります。

AirPods Proは運動には不向き?

前述で私の耳でもAirPods Proを固定する事ができると紹介しましたが、これはあくまでも普段の動きの場合の話なのです。

というのも、AirPods Proをつけた状態でウチで飼っている猫と遊んでいた時、少し強めに首を横に振っただけで耳から落ちてしまったのです。

ハリー
・・・おや?

試しにもう一度同じ様に首を振ってみましたが、やはり激しい動きには弱い様で耳からこぼれ落ちてしまったのです。

もしかして自分の耳だけかな?と思って調べてみたのですが、私が好きなYouTuberの瀬戸康史さんも同様に激しい動きをした時にAirPods Proがとれていましたので、他の方にも共通する事の様です。

耐汗耐水性能はあるが・・・

このAirPods Proを購入する前に使っていたイヤホンもワイヤレスのカナル式で、運動時にも外れる事なく使う事が出来ていました。

なので、耐汗耐水性能があるAirPods Proでも運動時に利用できると考えていましたが、やはりジョギングレベルの動きでも少しずつズレてしまう事が発覚しましたので、残念ながら運動時のイヤホンとしてはAirPods Proを使う事は出来なさそうです。

ハリー
AirPods Proならメンテも簡単そうだから期待していただけに、少し残念です。

 

まとめ

AirPods Proは従来のAirPodsとは異なりカナル式が採用されたタイプのイヤホンですので、今まで特殊な形状の耳のせいで使えなかった方であっても問題なく装着して、固定する事ができる様になっています。

が、他の方でも実証されている様に、AirPods Proは激しい動きには耐える事が出来ない様で、運動時に装着すると耳から落ちてしまう可能性が高い商品と言えるでしょう。

もちろん、耳の形は人それぞれですので、人によっては運動時にAirPods Proをつけても問題なく固定できる方もいるかも知れません。

なので、運動用にもAirPods Proの利用を検討されている方は、一度店舗で試着させてもらうことをオススメします。

もしAirPods Proをつけながら運動する事がないという方は、イヤーチップは3サイズ用意されていますので、基本的に問題なく装着させる事が出来るでしょう!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥28,980 (2020/10/21 08:45:21時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人
ハリー

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-ガジェット
-, ,

© 2020 やや上