面接

アラサーの転職

【実例紹介】転職面接で残業の多さについて正直に聞くべきか。

転職を行う上で、確実に多くの方が重視するであろう「残業」。

転職のきっかけになる事も多いこの残業についてですが、面接の場で面接官に尋ねるのは気が引けてしまうという方も多いのではないでしょうか。

しかし、今後本当にその職場でやっていけるかの重要なポイントにもなりますので、何とかして聞きたいところです。

そこで、今回は私が実際に面接の際に使った、逆に印象を良くする残業の聞き方についてご紹介いたします。

面接で残業について聞くことはOK

残業

まず前提として、面接の場で残業について質問を行う事はNGではありません

むしろ、転職理由や業界によっては残業の事を質問しないと「この人は本当に真剣に考えているのだろうか?」と、逆に面接官に心配される事もあります。

なので、選考に進んでいる人が複数人いて、なおかつ残業のある会社であれば、残業について質問されてその事をしっかりと把握されている方を採用しようと考える事もあるのです。

ハリー
ちなみに、たまに私が面接する側になった時には、残業についてはむしろ聞いて欲しいですね。

特に妻子持ちの方に。

ただし、残業についての「聞き方」には注意が必要です。

 

残業を聞く理由を用意しておく

準備

面接の際に残業について質問する事は、前述の通り可能です。

ただし、残業について質問した際には必ず面接官にある疑問が湧きます。

それは「この人は残業が完全にNGな人なのだろうか?」という事です。

この疑問を払拭しない限りは、面接の選考において有利に進める事は難しくなってきますので、事前にこれに対する回答を用意しておくべきでしょう。

残業質問の理由のNG回答集

ちなみに先にNG回答の例をあげるとすれば、以下のようなものが挙げる事ができます。

NG回答集

  • 早く帰ってゲームしたい
  • 特に理由はないが、早く切り上げたい
  • 決められた時間以外は働くべきではないと考えています
  • 残業は強制ではないので、私はしません

これらはかなり誇張した表現ですので、実際の面接でこれらの文言をそのまま使う人はいないでしょう。

しかし、これらの内容と同じ内容の場合は、表現を変えたとしても基本的にはNGと考えましょう。

というのも、会社(の経営)側としては残業を推奨はしないが、業務においてイレギュラーが起きたり、繁忙期にどうしても業務が追いつかない時には、その都度対応してくれる人を望みます。

なので、そういった状況でも残業をしたくないと考える人は、基本的に取りたくないのです。

ハリー
これが面接する側の本音ですね。

出来る限りポジティブな理由を用意!

残業について質問した理由には、当然ながら出来るだけポジティブな理由を回答する必要があります。

しかも、仕事に対してポジティブな理由である必要があるのです。

残業に対するポジティブな理由というのはなかなか思いつかない内容ではありますが、その理由で面接官を納得させる事ができれば、逆に残業についての質問をしなかった候補者よりも選考は有利に働くでしょう。

同じスキルレベルであった場合です。

 

私が実際に残業に対して回答した実例

成功した面接回答の実例

とはいえ、具体的にどういったものか想像できいない場合もあるでしょう。

そこで、私が実際に残業について質問して、なおかつ内定を取る事ができた実例についてご紹介いたします。

実例回答

それでは、実際に私が面接の際に使っていた、残業の質問に対する理由をご紹介しましょう。

成功例

残業代目当てにダラダラと仕事に取り組む方法よりも、残業代が少なくなっても効率よく仕事をこなす事で自分にとっても会社にとってもメリットがあると考えています。

別バージョン

同じ作業量でも残業してこなすよりも効率よく作業する事で、自分のスキルを磨く事にも会社としての人件費の削減にもつながり、WIN-WINに繋がると考えています。

基本的に、こういう上昇志向を感じさせる回答ができれば、残業についての質問をしても逆に評価は上がる事でしょう。

最後に絶対に添えたい一言

上記の内容を理由として回答する事で、基本的には残業に対する理由としては問題ありません。

が、ここで注意が必要なのは、この後に絶対に付け加えたい文言があるという事です。

というのも、上記の内容はあくまでも残業に対する考え方の内容ですので、肝心の緊急時に残業してくれる人材かどうかという点については一切触れていない状態です。

なので、上記の回答を行なった上で、さらに以下の文言もそえて答えると完璧でしょう。

理由の後に付け加えたい文言

もちろん、時間内に終わらなかった仕事だったり、繁忙期、緊急な案件に関しては必要な残業だと考えていますので、定時を過ぎても着手したいと考えています。

スポンサーリンク

 

転職の目的がズレないよう注意

目的は残業の有無を確認すること

以上が、転職の面接の際に残業について質問する方法でございます。

上記でご紹介した評価を下げない方法は、私が実際に使って効果があった方法ですので、特殊な業務じゃない限り有効的な手段となるでしょう。

ただし、ここでの注意点はあくまでも面接にいった企業の残業を確認する事を目的とした方法ですので、条件に合わない職場に無理矢理に内定をもらうための方法ではありません

なので、残業が一切ない職場を望んでいる方が、この質問をして残業がある職場だと判明した場合は、希望に合わない職場への転職を行なっても将来的に再度転職する事になるでしょう。

海外では転職回数の多さは不利に働くことは少ないのですが、日本企業においては転職回数の多さは残念ながら不利に働く事が多いのです。

なので、無理に内定をもらうための手段ではなく、適切な労働環境の職場を探す手法として活用していただければと思います。

  • この記事を書いた人

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-アラサーの転職
-,

© 2020 やや上