面接

アラサーの転職

アラサーで職種未経験の求人に応募できるの?転職で別の職種にチャレンジ!

今まで製造業や営業職、介護系やアパレル関連の職場で働いている方の中には、転職を考えられる方も多いでしょう。

しかし、転職先では今とは異なる職種へチャレンジしたい。

けど、アラサーだと年齢的にも未経験職種への転職も厳しくなるのではないか?

そんな疑問について、実際の私の転職活動を元にお話ししようと思います。

スポンサーリンク

30代でも未経験職種への応募は可能

履歴書

早速、結論からお話ししますと、たとえ30代だったとしても未経験職種の求人への応募は可能でございます。

もちろん、応募だけではなく書類審査や面接も通過する事が可能です。

ハリー
これに関しては、実際に私の転職活動で実証はできています。

ただし、未経験職種への応募については、当然条件があります。

未経験OKと記載の求人のみ

まず、当たり前の内容ではございますが、未経験職種へ応募する場合はその求人の条件に「未経験OK」と記載がある事を確認しておきましょう。

基本的に転職サイトなどで掲載されているほとんどの求人では、「求める人物」という項目で今までの経験やスキルなどの条件を提示しています。

例:法人営業3年以上、ディレクション業務経験者など

未経験でも応募がOKな求人というのは、その提示されている条件の中に未経験OKと記載がされています。

なので、未経験でも歓迎と明記されている求人には、アラサーだろうがど素人だろうが応募することが出来るのです。

営業系に未経験OKが多い

転職の際に未経験でも応募OKになっているジャンルとしては、営業系のお仕事が多くなっています。

営業といっても、法人営業ではなく個人客への営業、B to Cのサービスの営業が特に未経験者求人を多く出しています。

なので、人と話す事が好きな方や、口が達者な方は営業職が未経験だったとしても比較的簡単に転職先を見つける事ができるでしょう。

専門職は基本的には経験者のみ採用

前述のような営業職とは反対に、専門職と呼ばれる分野に関しては経験者のみを募集している事がほとんどです。

稀に未経験でも応募可能な求人は存在していますが、当然ながら一から勉強し直すことになりますので給与は低く設定されています。

ちなみに、私が選考に進む事ができた未経験職種の求人もこのタイプで、低給与に加えて専門スキルの学習には業務終了後の給与が発生しない時間帯に行うという内容でした。

ハリー
全てがそうだとは言いませんが、こういった条件である事が多いと予想されます。

 

注意すべき未経験職種への転職

分析

上記の通り、アラサーでも未経験職種への転職は可能でございます。

ただし、それには好条件とは言い難い条件を提示される可能性もありますので、その点は留意しておくべきでしょう。

ハリー
ちなみに、私が選考を進めれた未経験OKの企業は
最初は低給与ですが、資格や技術が身に付けば
その都度、給与面に反映してくれる優良企業でした。

まぁ、結果的に自分から辞退したんですけどね^^;

また、そういった条件以外にも注意しておくべき点はいくつかございますので、その点も併せてご紹介いたします。

離職率が高い会社の可能性

まず一つ目の注意点は、なぜ未経験OKで求人を出しているかという理由について考えてみましょう。

普通は経験者を雇った方が、企業側としても教育費が少なく戦力になるまでの時間も少ないので、コスト面でも採算が取りやすいハズです。

なのに、未経験者もOKにしている理由としては、単純に人手が足りないという事が考えられるでしょう。

問題はなぜ人手が足りないのかという点です。

これが、事業拡大などの理由であれば全然問題はなく、むしろ成長企業なので出来れば内定を出して就業したい所でしょう。

しかし、人手不足の理由が離職率の高さからくるものだった場合、その職場環境が悪い可能性が考えられます。

残業時間が異様に長かったり、給与が上がらない上司がクズすぎて次々と人材が流出しているなど、いわゆるブラック企業だった場合はその求人への応募には待った!をかけるべきでしょう。

業務内容が激務である可能性

続いての注意点は、その求人の募集内容が激務かどうかという点です。

激務といってもやりがいのある激務であれば、私個人としては「ドンと来い!」と言えるですが、そういった意味合いではなくただただキツい仕事かどうかを見極める必要があるでしょう。

具体例で言えば、コールセンターなどの苦情を引き受けるお仕事などが真っ先に思い浮かびます。

私も学生時代に経験した事があるのですが、コールセンターはかなりキツイです。

基本的にこういった窓口にはトラブルが起きたお客様が電話されてくる窓口ですので、電話がかかってきたら半分はクレームと覚悟しておく必要があります。

これを週5日勤務で8時間以上、昇格して管理する側に移動できるまで耐えきる事が出来るかどうか。

入社前に今一度、自分と向き合って考える必要はあるでしょう。

ハリー
ほんと、コールセンターで何年も勤務されている人を尊敬します。

スポンサーリンク

 

未経験職種への挑戦はやる気次第!

少し脅し文句を言いすぎたかも知れませんが、何もアラサーで未経験職種への応募を止めようという意図で書いている訳ではありません。

未経験職種への挑戦は少なからず苦労がつきものですし、やはり転職先で戦力になれるまでの期間も経験職種と比べれば、自然と長くなってしまいます。

そうなると、それだけ忍耐と努力が人一倍必要になるので、そういった覚悟を持って挑む事が望まれるでしょう。

 

私の場合もそうでしたが、未経験職種の求人での面接ではそういった面を重点的に聞かれていましたし、実際にそこを耐えられなければ状況はかなり不利になります。

特にアラサーの転職は、失敗すればかなりの痛手になりますので、次の職場で一生やっていけるかどうかという判断基準も必要になるでしょう。

なので、未経験OKだからという軽い気持ちで応募するのではなく、むしろ未経験の募集をしている求人にこそより慎重に判断するべきでしょう

  • この記事を書いた人
ハリー

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-アラサーの転職

© 2020 やや上