ブログ

ネット注文できる安いメガネ屋レンズダイレクト。実際に利用した感想や注意点など

今まで度入りのメガネを買うには実店舗に行くしか購入方法はありませんでしたが、最近はネット注文ができる様になっています。

しかもネット注文だと、遠くていけないメガネ屋だったり安価なネット専門店なども選択肢に入れる事ができるので、かなり便利です。

そこで今回は検索で引っかかった「レンズダイレクト」というメガネ屋を実際に利用してみることにしました。

レンズダイレクトについて

先にこの「レンズダイレクト」について軽く紹介しようと思います。

この会社は、今回の記事の題材にもなっている通りメガネの販売を行っていますが、メガネだけではなくコンタクトレンズの販売も行っている会社です。

ハリー
ちなみに、メガネ通販に関してはこの記事を作成している時点ですでに15年もの実績を誇っているようで、もともと知っている人にとっては当たり前の情報なのかもしれませんね(汗)

実店舗でメガネやコンタクトの販売は行なっていない様で、完全にネット注文専門の販売店となっています。

メガネ・コンタクト共に品揃えもかなり豊富ですので、基本的にネット注文ならレンズダイレクトで希望の商品を見つける事ができるでしょう。

 

普通に安い!!

今回、私が度入りメガネの購入先として選んだのは、やはり安さがずば抜けている為でした。

普段からメガネをかけて生活されている場合は、安さよりも機能や耐久などを重視すべきでしょうが、私の様に日中はコンタクトで寝る前や起床時のみ使用するメガネを探されている方にとっては、この価格帯は非常に魅力に感じるポイントでしょう。

ハリー
他にもメガネの選びやすさも抜群で5分でメガネ選びやカード支払いができるサイトの構成も好印象でした^^

実際に私が購入したメガネも送料・消費税込みで4,950円と、有名なメガネ屋さんの1/3程度に価格に抑える事が出来ました。

もちろんかなり種類も豊富で、普段使いのメガネを探されている方でも掛け心地などが負担にならない様に、サイズや素材なども色々用意されていますので普通に活用できるでしょう。

 

実際にレンズダイレクトで注文してみた

ワイモバイル店舗

という事で、実際にレンズダイレクトでメガネを注文してみました。

step
1
ネットで注文

まずは、レンズダイレクトの公式サイトでメガネを選んで注文。

支払い方法はいくつか用意されていましたが、私の場合はいつもの様にクレジットカードで支払うことにしました。

なお、レンズダイレクトではクレジットカードを登録して次回以降も自動選択できるようにするか、もしくは登録はせずにその都度入力が必要になる様にする方法の2通りがありました。

私の場合は頻繁にメガネを買い替えることもありませんでしたので、カード情報登録なしで購入を進めました。

step
2
注文完了メール

注文が完了すれば、その注文の内容確認と注文が完了したことを知らせるメールが届きます。

step
3
発送通知メール

注文が完了すれば数日後に商品の発送が完了したという旨のメールが届きます。

私の場合は注文から2日後に発送完了メールが届きましたので、レビューで見かける「遅い」という印象は受けませんでした。

step
4
メガネ到着&確認

商品発送メールに記載があるURLから確認出来る到着予定日にある通り無事に自宅に発送が完了。

発送には佐川急便が使われていました。

段ボールの中に梱包材のプチプチに包まれた紙できた箱(下記画像)が入っており、その中にメガネケースがありその中にメガネとメガネ拭きが入っていました。

メガネの度数が合っているかや、ケースやメガネ本体に不具合や破損がないかを確認し、問題なければこれで完了となります。

値段も安く注文から到着までの時間も予定通り、商品自体も特に問題もなかったのでレンズダイレクトは普通にオススメできるネット注文可能なメガネ屋だと言えるでしょう。

 

レンズダイレクトの注意点

そんなレンズダイレクトではありますが、実はいくつか注意点も存在します。

迷惑メールに振り分けられる

レンズダイレクトの1つ目の注意点は、Gメールで設定しているとレンズダイレクトからのメールが勝手に迷惑メールに振り分けられてしまうという点です。

これは気付ければ振り分け設定を直すことで問題なく注文を見守る事が出来ますが、気付けない場合はオンラインでカード決済をしている分、不安に感じてしまう方も出てきてしまいます。

また、迷惑メールを解除しても通常の受信箱ではなくプロモーションに振り分けられてしまう為、普段からプロモーションを確認しない方は見落としてしまう可能性もあります。

メガネケースは選べない

レンズダイレクトの2つ目の注意点は、メガネケースのデザインを選べない点です。

基本的にほとんどのメガネにはメガネケースが標準でセットとなっていますが、そのデザインの選択画面などは注文時にはありません。

なので、自分なりにメガネケースのデザインやカラーにも拘りたいという方の場合は、別途自分で購入する必要があります。

ちなみに、標準でついてくるケース自体は普通に使えるものですので、気にしないという方にとっては特に問題にはなりません^^;

 

まとめ

以上が実際にレンズダイレクトで度入りのメガネを注文したレビューとなります。

実店舗がありTVCMを流している超有名どころの眼鏡屋でもオンラインストアを用意しているのでネット注文は可能ですが、レンズダイレクトほどの安さでメガネを購入できる場所はかなり珍しいです。

更に送料も無料で設定されており、サイトの見やすさや発送までの速さなども特に問題もありませんでしたので、メガネに対してそこまで細かいこだわりがない方にはかなりオススメできるメガネ通販ショップだと言えるでしょう。

  • この記事を書いた人
Avatar photo

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-ブログ
-, ,