日本一大きなチョコ

ブログ

【面白グッズ】フィッシャーズ紹介の日本で一番大きな板チョコを実際に購入してみた。

YouTuberのフィッシャーズで紹介されていた日本一大きな巨大チョコ。

これは甘党であれば注文すべきと考え、実際に購入する事にしました!

が、手元に届いてから気付いた注意点などもあったので、ここでそれらを紹介させていただこうかと思います。

スポンサーリンク

梱包方法について

巨大チョコの梱包

まずは、この日本一大きな巨大チョコの梱包方法などについてご紹介していこうと思います。

ハリー
ちなみに、このチョコは株式会社フクイさんで作られ、楽天で購入できる商品です^^

 

かなり厳重な梱包

5kgもの重量のあるチョコで尚且つ平面の面積が大きな商品ですので、かなり慎重に運搬を行う必要があります。

その為か、巨大チョコの梱包は非常に厳重に行われていました。

上記の写真が実際に自宅に配達された商品ですが、商品が入っている段ボールの外側にもプチプチ緩衝材に巻かれており、配達員への注意喚起もされています。

加えて、段ボールの中身でもチョコがプチプチで挟まれている状態だったので、相当保護されている状態での発送でした。

真っ二つに割れていた

が、しかし。

そこまで大事に梱包されていたにも関わらず、実際に自宅に届いた巨大チョコは真っ二つに割れている状態での到着となっていました。

巨大チョコが割れている

もちろん、これだけの対策をされている梱包でしたので、割れの原因は運搬を行った配達員でしょう。

なので販売元自体には責任があるわけではないので、その点は勘違いされないよう注意しましょう。

いずれにしても、大きな1枚の巨大チョコを持ち上げて写真を撮りたかっただけに、残念でならない結果でした。

ハリー
そこそこの金額ですしね(汗)

 

巨大チョコを購入してから気付いた事

注意点

そんな日本一大きなチョコを実際に購入してみて気付いた事があります。

その中には、購入したことを少し後悔してしまう内容も含まれておりますので、これから購入しようか検討されている方は目を通されると良いかも知れません(汗)

普通に美味しい

正直なところ、この巨大チョコは大きいだけで味に関しては下の中くらいだと予想していました。

ハリー
失礼な話ではありますがね^^;

ですが、よろこばしい事に味に関しては中の中程度の味だったのです。(これでも失礼?w)

甘過ぎない味ですので、ある程度の量を食べてもそこまで辛くはならないものでした。

プレゼント用としては高リスク

ただ、前述でもご紹介の通り到着した巨大チョコは真っ二つに割れている状態でした。

楽天の商品ページで確認できるレビューを見たところ、やはり他の方も一定の割合で割れたものが届いている様でしたので、その確率は決して低いものではなさそうなのです。

なので、パーティーや誕生日会などのイベント用に購入するには、かなりリスクの高い行為になるという事なのです。

ハリー
贈り物として購入したのに、いざ開けてみると割れているなんて事になったら気まずい雰囲気になってしまう事でしょう。

保存方法を考える必要がある

そして、最大の失敗はこのチョコの保存方法を用意していなかった事にあります。

この巨大チョコは総重量5kgもあるバケモノ級ですので、当然のことながら1日で消費し切る事はできません。

これが家族全員で消費していくのであればまだしも、一人暮らしの方が一人で消費していくとなると、下手すりゃ半年以上も食べ続ける事になってしまうのです。

ハリー
あぁ、全然考えてなかった(汗)

なので、ある程度の大きさに砕いた後は、小分けにして保存する事になるでしょうが、それでも5kgものチョコを保存できるケースもなければ、スペースの確保も重要になってきます。

もし冷凍庫で保存するにしても、内容量のほとんどがチョコで埋め尽くされてしまう事になりますので、本当にどうしようもない状況に陥ってしまう可能性があるのです。

 

巨大チョコをお勧めできる人

以上のことから、この巨大チョコの購入をオススメできる人としては、家族単位で暮らしていたり友達の出入りが頻繁にある環境にいる方でしょう。

もしくは、巨大チョコが割れていても空気が冷めてしまわない様な大人数のイベントに参加される方や主催者の方にもオススメする事ができるでしょう。

 

しかし、これらに該当しない方の場合は、前述でご紹介している私自身が直面している状況と同じ目に遭ってしまうでしょうから、この商品はとてもじゃないですが推奨できる商品とは言えないでしょう。

ハリー
とにかく複数人で消費できる環境である事が必須でしょうね^^;

もし、購入を検討されている方はこの辺りの条件を理解した上で購入していただければと思います。

条件が揃っていればなかなか刺激的な商品で、楽しい時間を過ごす事ができるでしょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ハリー

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-ブログ
-

© 2020 やや上