通話

格安スマホ

povoで契約した電話番号を無料で使い続ける方法。ミスって料金がかからない様に!

格安スマホのpovoでは、トッピングというオプションを何も付けなければ、月額0円で電話番号を取得する事ができますので、その番号をサブとして利用可能です。

ただし、この方法では使い方を間違えると、お得どころか一気にスマホ料金が跳ね上がる危険もあります。

そこで今回は、povoで取得した番号を無料で使い続ける方法や、その際の注意点についてご紹介します。

povoで費用が掛かる使い方

冒頭でもご紹介の通り、povoではトッピングを何もしなければ月額0円で利用する事ができます。

が、その契約であっても利用方法次第では月額とは別で料金が発生してしまいます。

まずは、どれが費用が発生する対象となるのかを明確にする必要がありますので、その項目を順番にご紹介いたします。

こちらから電話をかける

一つ目の費用が掛かる使い方としては、ズバリ電話です!

が、電話による通話であっても相手からかかってきた電話に出る行為である着信に関しては、費用が掛かる事はありません。

費用が掛かる通話は、あくまでもこちらから相手に電話をかける場合のみとなります。

ハリー
povoでは通話無料トッピング(月額)がありますが、それを付けない場合は電話をかけて通話しだ分だけ費用がかかります。

SMSを送信する

2つ目に費用が掛かる項目としては、電話番号でメッセージを送る事ができるSMSを使った場合です。

この場合も、相手から送られてきたSMSを受信する分には無料です。

SMSで費用が発生するのは、あくまでも自分から相手にメッセージを送信した場合のみとなります。

半年に1度は必要になる有料トッピング

3つ目は半年に一度だけ費用が掛かる項目です。

これは具体的に何という訳ではありませんが、povoの規約で180日以上有料トッピングがないと解約扱いとなってしまうため、半年に一度何でも良いので有料トッピングが必要になります。

もちろん、その時点で契約や電話番号が不要になっていれば無理にトッピングを追加する必要はありませんが、その後も引き続き同じ電話番号が必要だという方は対応が必要になります。

ハリー
半年に一度なので、忘れない様に手続きする必要がありますね^^;

povo無料契約で別途費用が掛かる項目

  • 電話を相手にかける(発信)
  • SMSを送信する
  • 継続利用に必要な有料トッピング(半年に一度のみ)

 

povoを無料で使い続ける方法

いくつかの注意点はありますが、その注意点を回避し続ける事ができればpovoで契約した電話番号を半永久的に無料で利用する事が出来る様になります。

そこで、ここからはpovoを無料で使い続けるために行いたい設定などをご紹介いたします。

副回線に設定する

間違ってpovoの契約番号を使って電話をかけたりSMS送信をしてしまわない様にするには、やはり副回線としてスマホに設定する方法がオススメです。

iPhone XR以降の様な機種に搭載されているデュアルSIMという機能を使えば、すでにそのiPhoneやスマホで使用している電話番号とは別にもう一つの電話番号の契約を同じ機種で使える様にする事ができます。

この機能を活用して、すでにあるスマホに副回線としてpovo契約の番号を装着させれば、普段の動作で副回線であるpovoの電話番号・通信などを使用して電話やSMS送信は出来なくなります。

ハリー
もちろんpovoへの着信やSMS受信はそのまま受け取れます。

そうなれば、間違ってpovo契約の電話番号で費用が掛かる動作を行なってしまう可能性を0に近づける事が出来ますので、非常にオススメ出来る方法となります。

ハリー
実際、私もこの方法でpovoを副回線に設定しています^^

通話アプリを活用する

基本的に上記でご紹介の副回線として利用していれば、それだけで費用が掛かるリスクをなくす事が出来ます。

しかし、中にはデュアルSIM対応のスマホを持っていないというケースも考えられますので、もう一つの方法についてもご紹介します。

それは通話ボタンやSMSアプリを簡単に触れない場所に移動させる、さらにはフォルダの中にまとめて簡単に開けない様にするという方法です。

これであれば、電話をかけたりSMSを送信するといった行動を取るためにはフォルダ内のアプリを開くという二段階構成にする事ができ、その間に費用が掛かる行為だと気付ける様になります。

もちろん、着信やSMSを受信している時には、わざわざフォルダを開く必要はなくスマホの画面に表示されますので、そのまま対応可能となります。

代わりにLINEなどの通話対応アプリを使用すれば、こちらから電話をかける行為も無料で行う事ができます。

注意

povoの無料プランでもモバイルデータ通信は無料で使用できますが、通信速度が128kbpsとかなり遅いので、自宅や会社などWi-Fiを利用できる環境で通話する事が望ましいです。

スポンサーリンク

 

まとめ

以上が、povoでの契約を無料で使い続ける方法と、その際の注意点・対策のご紹介となります。

私自身もこの方法を実践しており、まだ契約期間は短いなりに無料で使い続ける事が出来ていますので、電話番号だけ欲しいという方にはオススメできる方法です。

ただし、このpovoの契約自体を主回線としてメインで利用しようと検討されている場合は、無料で使い続けるにはあまりにも不便な方法となります。

なので、その場合は最低でもデータ通信のトッピングだけは付けておかれる事を推奨します。

ハリー
普段から電話番号による通話が多い場合は、無料通話のトッピングも検討すべきでしょう。
  • この記事を書いた人
Avatar photo

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-格安スマホ
-