Google広告の特典コード

ブログ

Google広告の特典コードが無効?適用方法や利用に関する注意点

Google広告を利用していると、アカウントに登録しているメールアドレスに最大7,500円分の広告クレジットを入手できる特典コードの案内がくる事があります。

しかし、この特典コードの利用に関していくつか注意点があります。

ここでは、そんなGoogle広告の特典コード利用に関する注意点についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

Google広告の特典コードが無効になる理由

特典コードが無効になる

最近私もGoogle広告に触る機会があり、アカウントを稼働させているとメールで7,500円分の広告クレジットの特典コードが届きました。

個人運営のアカウントには、この7,500円は非常にありがたい金額ですので、早速アカウントに反映させようと届いたコードを入力するものの、ずっと「入力したコードは無効です。」という文言が表示されるばかり。

そこで、思い切ってサポートセンターに電話で問い合わせてみると、無効になる可能性としては以下の2つの項目が考えられると教わる事ができました。

期限切れ

特典コードが無効になる一つ目の要因としては、特典コードの期限が切れてしまっている場合です。

Goole広告から送られてくる特典コード付きのメールには特に期限などの記載はありませんが、実際のところは期限が設けられているという事でした。

具体的な期限については言及されませんでしたが、そこまで早期に使えなくなるものではないので、その点に関しては安心していいでしょう。

入力時には-(ハイフン)を抜いて入力

実際に私のアカウントで特典コードが無効になっていた理由なのですが、実は特典コードの入力にはハイフンを抜いて入力する必要があったのです。

メールで届く特典コードは英語の羅列となっているコードに2つのハイフンが差し込まれた状態で届きます。

が、入力時にはこのハイフンは取り除いて入力する必要があったのです。

ハリー
そうならそうで、どこかにハイフンを抜く様に記載して欲しかったです(汗)

とはいえ、特典コードの入力欄には文字制限なども設けられていないフォームでしたので、サポートセンターに電話しなければ解決せずに一生使えない可能性もあったので、まぁ良しとしましょう^^

 

Google広告の特典コードを入力する場所

続いては、おそらく大丈夫かと思いますが、念の為Google広告のアカウント内のどこから特典コードの入力を行うべきかを画像付きでご紹介いたしましょう。

まずはGoogle広告のマイページのトップに移動します。

そのトップ画面の右上にあるスパナマークの「ツールと設定」の中にある「料金概略」に進みます。

次のページに遷移しましたら、その左側のサイバーにある「設定」に移動し、表示されたページの最下段にある「プロモーション コード」の「プロモーション コードを管理」をクリックすればメールで送られてきた特典コードの入力フォームがあるページに移動する事が可能となります。

ステップ2

ハリー
前述でも紹介していますが、必ずハイフンを抜いたコードを入力しましょう^^

 

Google広告の特典コードに関する注意点

Googleの特典コードの注意点

※私のアカウントの特典コード適用後の画面です。

最後に、このGoogle広告の特典コードを利用する上での注意点についてご紹介しておきましょう。

実際、これから紹介する内容をしっかりと把握しきれていなかった私のアカウントでは、この特典コードを有効的に利用できない危機に陥っている状態なのです(汗)

メールの文言が少しややこしい?

ここで紹介する注意点としては、主に特典コードが送られてくる際のメールの文章に勘違いが起きやすい表現が使われている点です。

以下、メール内に記載されている文言をそのまま抜粋した文章となります。

Google 広告ご利用の最初の 1 か月の費用に相当する広告クレジットを 7,500 円を上限として進呈いたします。特典コードをご利用ください。

この文章を確認した私の解釈としては、まずは1ヶ月間Google広告を利用して、その際に消費した広告代を上限7,500円分を上限としてキャッシュバックしてくれるもの、という認識で特典コードを利用しようと考えました。

なので、このGoogle広告の特典コードを入力する前に上限として設定されている金額と同額の7,500円をアカウントに入れて、実際に広告を回しました。

が、実はこの認識は間違った認識だったのです。

特典は入力後1ヶ月間の広告費が対象

この特典コードの本当の対象としては、実は特典コードの入力(適用)の1ヶ月前の広告費ではなく、特典コードの入力(適用)から1ヶ月間で使用した広告費だったのです。

つまり、私は広告費を7,000円ほど消費した時点で特典コードを入力したので、このままだと500円分のクレジットしか入手する事ができないのです。

ハリー
これ、マジで痛恨のミス!!!

もちろん、今後もどんどん広告を回していく方であれば、このミスを取り返す事は可能ではありますが、私の場合はあくまでも「試しに使ってみよう」程度の利用だったので、特典受け取りの為に更に7,000円も、しかも1ヶ月以内に利用するのは少し気がひける状態にあるのです。

ハリー
これを機に広告に本格参入という手もありますが、1ヶ月間というリミットがネックですね・・・。

 

Google広告の特典コード利用は慎重に

以上が、私が実際にやらかしてしまったGoogle広告の特典コードに関する注意点となります。

恐らく私と同様に、特典コードのハイフン問題に気づかずに「無効」になってしまっている方は大勢いるかと思いますので、是非とも参考にしていただければと思います。

そして、その特典コードは必ず広告を回す前に適用させる様にしておきましょう^^;

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
ハリー

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-ブログ
-,

© 2020 やや上