安いワードプレスの方法

ワードプレス関連

ワードプレスを最安で使用する方法。隠れた優良企業のサービスがドンピシャ過ぎる

ブログなりサイトなり、ワードプレスを使って作成するにはいくつか準備するものがあり、よほど特殊な状況でもない限りはいずれも費用が必要になります。

その費用はどの企業のどのサービスを使用するかによって異なりますので、どれだけ安く抑える事ができるかはコスパの良いサービスを探す事が重要になります。

そこで今回は、ワードプレスを最安で使用する方法についてご紹介いたします。

ワードプレス使用に必要な準備

準備

まずは基本的な部分ではありますが、ワードプレスを使用するにあたり必要なものをご紹介いたします。

なお、「パソコン」や「ネット環境」といった当たり前すぎる部分については割愛してご紹介します。

サーバー

ワードプレスを開始する際に必要なものの1つ目に、サーバーが挙げられます。

このサーバーというのは、ワードプレスに入力する文字や画像、動画などを格納する場所にあたります。

ちなみに、一口にサーバーと言っても細分化すればかなりの種類がありますが、MySQLデータベースがあるサーバーであればどのサーバーでもワードプレスの利用が可能となっています。

サーバーの種類

  • レンタルサーバー
  • クラウドサーバー
  • VPS
  • etc

もちろん自前の物理サーバーの設備があれば、そこにワードプレスが動く環境を作って使用する事も可能です。

ドメイン

2つ目に必要なものはドメインです。

このドメインはいわばサイトの住所のような役割を果たしているもので、これも準備しないとワードプレスを使用することは出来ません。

ハリー
このサイトで言えば、
URLのyayaue.spaceの部分がドメインに該当します。

ドメインに関しては物理的なものではないので、個人で個体として所有することは出来ませんので、基本的にはドメインを取り扱う企業だったりサーバー会社のオプションとして取得する事になります。

その他

基本的には上記の2つがあればワードプレスの使用は可能となります。

しかし、より良い使用環境にするために、テーマだったりプラグインをワードプレスに継ぎ足していく事になるでしょう。

そんなテーマやプラグインは無料のものが数多くありますが、中には有料のものも混じっていますので、それらのどれを使用していくかによっても予算が変動します。

まぁこの辺りは完全に好みや技術の問題ですので、状況に合わせて選択していく必要があります。

 

最安のサーバー

一番安いサーバー

それではここからが本題。

ワードプレスを使用するに当たり、最安で利用する方法についてご紹介していきたいと思います。

カゴヤのワードプレス専用サーバー

早速ではありますが、この記事を作成している時点でワードプレスを起動できるサーバーの中で最安のサーバーは、カゴヤという企業が提供しているWordPress専用サーバーです!

ハリー
このプランは「レンタルサーバー」の中にあります。

このサーバーはその名の通りワードプレスだけに使用できるサーバーで、使用方法がワードプレスに制限されている為か月額440円/月で使用できるという異常な安さとなっています。

ちなみに、他社でこれより安い金額で表示されているプランもありましたが、そちらはワードプレスを使用するには別途データベースの有料オプションを付ける必要があるので、トータルするとカゴヤのこのプランが最安となっています。

カゴヤ・ジャパンの特徴

サーバーの比較サイトなどを見ていても、このカゴヤ・ジャパンという企業の名前を見た事がない方も多いと思います。

ハリー
実際、私もそうでした(汗)

それもそのはず、このカゴヤ・ジャパンという企業は一般ユーザーでも利用できるサービスではあるのですが、どちらかというと法人に人気があるサーバー会社なのです。

というのも、超嬉しい事にこの会社ではサポートが土日祝も稼働しているので、休日が事業のメインとなっている企業からすると万が一の時にも頼れる会社となっているのです。

しかも土日祝のサポートは我々一般客も利用できるサービスですので、ワードプレスが初めてで主に土日に触る事が多いというユーザーにとっても重宝できるサービスなのです。

ワードプレス専用サーバーの特徴

そんなカゴヤ・ジャパンのプランであるワードプレス専用サーバーですが、「ワードプレス専用」という部分以外にもいくつか特徴があります。

ワードプレスがインストール完了している

このプランでは、なんと契約が完了してアカウントを作成した時点で、自動的にワードプレスのインストールを完了してくれているのです。

このインストール部分は慣れてしまえば難しくないですが、初めての方には時間がかかったりいきなり挫折してしまう事もある部分ですので、人によってはこの特徴はかなりの時短となります。

1契約1サイトのみ

2つ目の特徴としては、ワードプレス専用サーバーの契約1つにつき、使用できるサイトは1サイトまでという縛りがある点です。

これはもともと1サイトのみの作成を考えていた方にとっては何のデメリットにもなりませんが、これから何個もサイトを増産しようと検討されている方にとっては不向きと言えます。

ハリー
ちなみに2サイト位なら、
2契約(440円/月×2)でも十分安い部類です^^

SSDは20GBまで

3つ目の特徴としては、SSDの容量が20GBまでとなっている点です。

これは何の考えもなしにどんどん高画質の画像や動画を詰め込むと厳しい数字ではありますが、しっかりとリサイズしたり動画をYouTubeにアップして、その動画をワードプレスのサイトに貼り付けるといった容量の節約をすれば問題はありません。

参考までにこの「やや上」サイトの使用容量はたったの17.6MBのみですw

ハリー
20GBなんて、相当馬鹿な使い方でもしない限り使い切れないですね^^;



 

最安のドメイン

安いドメイン

次に、ワードプレスの使用に必要な2つ目の項目であるドメインについて。

これに関しては状況次第で少々選択肢が異なりますので、その辺りの情報も併せてご紹介いたします。

無料で利用できるドメインがある

このドメインですが、基本的には有料です。

が、実は期間限定ではありますが、無料で利用する事ができるドメイン提供サービスも存在しているのです。

無料と聞くと「是非使いたい!」と思われるでしょうが、こういった無料系はどこかのタイミングで「継続利用には課金が必要」だったり、ドメインの運営歴が長くなった時点で没収されて中古ドメインとして売りに出されるリスクがあるのです。

そのため、無料ドメインサービスに関しては、「ワードプレスを触ってみたいだけ」だったり「遊び半分」程度で利用する場合にのみ利用するに留めておきましょう。

ハリー
無料ドメインで作ったサイトがバズれば、
市場ではそのドメイン単体だけでも
価値があるとみなされますからね^^;

基本はお名前.com

基本的にはドメインはお名前.comで取得される事をオススメします。

この会社ではドメインは比較的安価で取得出来ますし、何より利用者数が多い事から倒産のリスクも少ない為かなりオススメできるサービスです。

ハリー
もちろん私もここでドメインを取得しています。

唯一の欠点は、通知が多くて若干ウザい点ですかね^^;

サーバー特典の無料ドメインもある

そんなドメインですが、サーバー会社によってはサーバーの契約に応じて無料で提供してくれる企業も存在します。

無料で提供してくれるドメインにも種類があり、前述のカゴヤジャパンであれば〇〇.kir.jpといったカゴヤ特有のドメインに加え、独自ドメイン(このサイトでいうyayaue.spaceなど)も無料で一つ取得する事が出来ます。

ワードプレス専用サーバーの場合は独自ドメインの付与はありません。

なので、個人利用では該当しないでしょうが、法人向けのドメインであるco.jpのような高額ドメインを検討される場合は、そういった無料の独自ドメイン狙いで探すという手段もアリです。

 

最安でワードプレスを使った場合

ワイモバイルへのMNPは簡単

ワードプレスの利用を最安で行うには、上記でご紹介の2つのサービスを組み合わせる事で実現が可能となります。

ワードプレス最安の方法

この組み合わせであればサーバー代が440円/月、ドメイン代が安いものであれば1円から取得可能ですので月にワンコイン(500円/月)で済ます事も可能です。

もちろん前述のようにドメインを.comや.co.jpといった立派なものにする場合は一気に費用は上がりますので、そこは好みで選択可能です。

ハリー
ちなみに、BtoB企業でもない限り
無理に.co.jpを取得する必要はありません。



  • この記事を書いた人

ハリー

「ハリー」はあだ名で、バリバリ日本人です。 一般的なサラリーマンですが、目立たない程度に生活を豊かにする方法を日々実践中。

-ワードプレス関連
-,